作曲中にアイディアが浮かばなくなった時にするべき対処法!

皆さんどうもこんにちは!にゃんでも屋の栗乃と申します。

皆さんは作曲をしているとどうしても良いアイディアが出てこなくなり、

「なかなか閃かない」

「自分には才能がないのかな」

なんて風に困ってしまった覚えはありませんか?


作曲活動においてアイディアは命であり、

行動を起こす大きな原動力にもなったりします。

今回はそんなクリエイティブな仕事によくある困りごとを

「作曲者の視点」から、

私の体験談を交えながらアイディア問題の解決ついて

執筆していきたいと思います。

〈目次〉
1.引き出しが枯渇している!?

2.アイディア回復法!?

3.まとめ


1.引き出しが枯渇している!?


私が作曲を始めて間もない頃は右も左も良く分からずに、

自分流でやっていました。


最初は「ああしよう!こうしよう!」という風に

色々とアイディアが降って湧いて出てきましたが、


次第に何も出てこなくなり、

作曲をする時間よりも云々と頭を悩ませていました。


その時はたまたま調子が悪い日だったのだと

自分に言い聞かせていましたが、やはり数日もすると

そうも言っていられなくなり、焦りを覚え始めました。

二進も三進も行かなくなった私は、とあるサイトの記事を見つけ、

その時にある真実に聞かされました。


それを見た時は多少のショックを受けました。

そこには「引き出しの枯渇」、そう書かれていました。

サイトではアイディアが枯れる原因として

日中に作曲ばかりをしていたり

同じジャンルをぶっ続けにやっていることを挙げられておりました。

2.アイディア回復法!?

これは作曲者だけに当てはまることじゃないですね。

好きなことに熱中しすぎて別の事に時間を

取らなくなるのはよくあることです。

しかし、そういった行動が逆に枯渇現象の原因になってしまうのです。

そのサイト記事には解決法として

「自分以外の作曲者の楽曲を沢山聴く」

ことを挙げておりました。

他の作曲者さんの曲にはいろいろとヒントが隠されており

それをつぶさに観察して次々と盗んでいくことで

アイディアが浮かぶようになるそうです。

サイトの見出しを見た時は驚きましたが、

解決法があってよかったです。

それから私は、作曲ばかりに目を向けることをやめました。

他の楽曲を積極的に聴くようにし、

音楽プレーヤの中にはジャンルを問わずに、

大衆の人気を得ている有名な楽曲やマイナーだけども

癖になる曲を意図的に選んで入れています。

音楽プレーヤーに入れることで趣味の散歩で

想像力向上効果がプラスして期待できるように感じております。

実際にこれらの行動を通じて、曲作りの場面で

「こうしたらいいのではないか」

というようにアイディアが自然と湧くようになりました。

今でも最新の曲やクラシック、

ジャズなどの楽曲に注意を向けて聴く習慣をつけています。

まとめ

作曲におけるアイディアの貧困は、作曲者にとって死活問題です。

そういう時は自分以外の作曲者の楽曲を沢山聴いて、

観察し、遠慮なくアイディアの種を貰いましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする