作曲でモチベーションが湧かない!?原因と解決法は?

皆さんこんにちは、にゃんでも屋の栗乃です。

皆さんは作曲をしていてモチベーションが

上がらないと言った悩みはありませんか。

モチベーションが上がらないと、

やはりどうしても作曲をする気にはなれませんし、

そうなると掲げた目標がなかなか叶えられずに、

今度はモチベーションが下がってしまいます。

正しく、負のスパイラルですね。

今回はそんな作曲意欲を意図的に挙げる方法を紹介していきたいと思います。

〈目次〉

1.遂にパソコンの前にすら立てなくなる!?

2.問題解決の「ひも」はストレス解消!?

3.楽器を演奏してモチベーションを取り戻す!?

4.まとめ

1.遂にパソコンの前にすら座れなくなる!?

私が作曲を始めて数ヶ月後の頃は

大分慣れ始めた時期でしたが、

当初はやる気の塊だったモチベーションも

段々と右肩下がりになってきました。

アイディアが湧かずにイライラすることが多くなったり、

折角湧き出たアイディアが上手くいかなかったりで、

それが大きくバイタリティーを削られました。

そうなると人間は半ば自暴自棄になりやすくなります。

私も例に漏れず、作曲をすることはおろか

パソコンの前に座ることすらも嫌になるほどでした。

折角、結果を出せる一番の趣味を見つけたのに

このまま意気消沈しては勿体ないと

日が空くほどに思いを強めていきました。

2.問題解決の「ひも」はストレス解消!?

問題を打開するために作曲関連の書籍や動画を頼りに

読み漁っていましたが、

特にモチベーションに関しての記述が見つかりません。

(作曲に関連する、低下するモチベーションの再発を維持出来る方法をピンポイントで探そうとしていたので、上手いこと見つけられずにいた。)

ある日、深夜のバラエティー番組で勉強が出来ない子供を

如何にして成績を上げるか、という内容が目に止まりました。

その内容の一つに「モチベーション」の文字があり、

何かヒントがあるのではと視聴し続けると、

意欲を上げる方法が紹介されておりました。

それは「同じ学科」だけをやり続けずに、

途中に別の学科を挟むと良い、とありました。

一つの学科に集中してしまうと、

思考が凝り固まってストレスになるので、

気分転換に別の事をし、気分をスッキリさせることで

モチベーションが回復するそうなのです。

つまり、モチベーションが下がる原因としては

ストレスを貯蓄してしまうことだと気付きました。

3.楽器を演奏してモチベーションを取り戻す!?

この考えを作曲にも活かせられないかと考えていると、

今まで手打ち入力で音を作っていた所を、

MIDI鍵盤という超簡易版電子ピアノを購入し

自由に演奏してみる案が浮かびました。

MIDI鍵盤は特定のソフトと組み合わせることで

色々な音色を出すことが出来ます。それが非常に楽しく、

鍵盤で引き語りをしながら作曲をしていくと、

余程新鮮だったのかみるみるうちに面白い発想が浮かんできました。

おかげでストレスもほとんどなくなり

モチベーションも取り戻すことが出来ました

それからは打ち込みにイライラを感じたら

鍵盤を弾いて音を楽しみ、また打ち込みに戻る

というサイクルを作り、見事モチベーションを

維持することも出来るようになりました。

まとめ

作曲に留まらず作品作りには

モチベーションの維持は非常に大切なものです。

今回の記事で選出した、

楽器演奏のストレス解消法を試してみてください。

勿論、方法はそれだけではありませんので、

自分なりにストレスを減らす案を考えてみてもいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする