弓道写真家・奥野浩次の評判と性格が気になる!炎の体育会TV出演の彼のプロフィールは?

弓道写真家として現在、精力的に活躍している

奥野浩次さんが

奥野浩次さんがどういう人なのかいろいろ調べてみました。

今回も私と一緒にみていきましょう!

スポンサードリンク

<目次>

1.奥野浩次さんのプロフィール

2.奥野浩次さんの評判

3.奥野浩次さんの性格

1.奥野浩次さんのプロフィール

名前:奥野浩次

出身地:三重県

生年月日:1984720

年齢:36

出身高校:三重県立久居高等学校

最終学歴:中部大学

写真の中の奥野浩次さん、優しさが表情に滲み出ていますね。

顔立ちも端正で、着ている和服との相性もバッチリで本当に格好いいです!

奥野浩次さんは高校時代から弓道部に所属していて、

現在でもカメラマンの仕事をする傍ら弓道をしているそうです。

弓道をしている人の弓を引いている瞬間のお顔って

本当に凛々しくて格好いいですね。真剣そのものです!

奥野浩次さんの今まで

奥野浩次さんは大学卒業後は現職のカメラマンとは異なる業界で働いていました。

人生の方向を考える時期にあたり、自分自身と真剣に向き合い考え抜いた先に、

祖父から教えてもらった趣味であるカメラを仕事にしたいと思うようになりました。

なかなか学生のうちから自分が本当にやりたいことを見つけるのは難しいですよね。

一度社会に出てから、自分の中の違和感に気付いて本当にやりたいと思えることが

見つかってよかったですね!

趣味を仕事にできるのは最高じゃないでしょうか。

屋上写真家:堀江浩彰さん

そして丁度、時同じくして偶然にも屋上写真家の堀江浩彰さんに

飲み会の席で出会い、憧れる仕事についている彼に

色々と悩みを打ち明けているうちに堀江浩彰さんから

「弓道に明るくて興味があるなら、それについての写真をとってみたら?」

と言われたそうです。

屋上写真家という仕事を聞いて最初は「変わっているなー。」と思いましたが、

自分の中のやりたいことのその中で、

さらに得意と思えるものを組み合わせたら、

他の人には出せないオリジナリティが出せるのかもなぁ、

なんて何気なく思ったりしました(笑)

スポンサードリンク

その返答を受けて、厳しい業界であることは承知のものの、

「弓道を専門にしているカメラマンはいないのでチャンスがあるのでは?」

と考え、ここで「弓道写真家」として挑戦することを決意したとのことです。

堀江浩彰さんと出会ったことで

人生の方向が決まったと言っても過言じゃないですよね!

それにしても未踏の地に足を踏み入れるのはなかなか私自身、

かなり難しいことだと痛感しておりますが、

物事を柔軟に受け入れる器量のよさ、

チャレンジしようとする気概に思わず敬服してしまいます。

現在では弓道写真家として弓引きの撮影に始まり、

弓具職人や弓道に関連するイベント、展示会など、

幅広く弓道の普及活動に勤しんでいるそうです。

それに加えて、高校一年の時に始めた弓道を現在まで

続けている中で活動しているというので驚きです。

2.奥野浩次さんの評判

そんな奥野浩次さんですが、

カメラマンとして活動し始めた頃はフラッシュを焚いて撮影していたために、

弓引きの方が撮られていることに緊張してしまい、

なかなか納得のいく写真が撮れずに苦労していたという失敗談あるそうです。

他にもきっと多くの辛い出来事もあったと思いますが、ある日のこと。

奥野浩次さんの写真がきっかけで弓道を始めた人から、

昨年『初段に合格した』と便りが届いて、感激したそうです。

自分のしていることがたとえ好きなことだったとしても、

誰かの為になっていると思えないとなかなか心苦しい時もありますが、

こうして人に良い影響を与えていると実感した時は、

やっていて良かったと思えますよね。

報われて本当に良かったですね!

このように奥野浩次さんが撮影した弓道写真をきっかけに

弓道を始める人がいるという事実から、

評判は良いものだと判断できますね。

実際に奥野浩次さんの写真を見てみましたが、

どれも仕上がりが美しく、人物は自然体で、

一つ一つに一貫したテーマが感じられました。

マイナスの評価よりもプラスの評価の方が多いんじゃないかと私は思いました!

スポンサードリンク

3.奥野浩次さんの性格

奥野浩次さんの性格については、ご本人は特に話題にしておりませんでしたが、

上記したように、成功することが難しい業界に対して向き合い、

挑戦しようとするチャレンジ精神が旺盛で、

物事を柔軟に考え、受け入れられる器量の良さがあると思います。

人からの感謝のメッセージに感激できるのは、

奥野浩次さんの写真をクオリティを見ても分かる通り、

妥協を許さず、真摯に写真に向き合う真面目さがそこにあるからだと思えました。

また性格は年齢とともに顔に表れる、

というようにプロフィールの写真からは優しい性格が伺えてきます。

まとめ

今回は弓道写真家の奥野浩次さんについてまとめていきました。

自分のやりたいことと、好きなことや得意なことを掛け合わせ

オリジナルのアイディアに向かって突き進む奥野浩次さんの姿勢は憧れるものがありました。

これからも是非、弓道の奥深さを沢山の人たちに写真を通して伝えていって欲しいですね!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする